昨日、民主・自民の党首討論で、野田首相が11月16日解散を明言しました。  もちろん、民主党政権は現在、我が国が直面する国難の元凶でしたので、解散・総選挙を通じて国民に信を問い、新しい政権への移行を図ることは大変望まし

11/15 衆院解散!?

 昨日、民主・自民の党首討論で、野田首相が11月16日解散を明言しました。

 もちろん、民主党政権は現在、我が国が直面する国難の元凶でしたので、解散・総選挙を通じて国民に信を問い、新しい政権への移行を図ることは大変望ましいことです。野田首相は非常に良い決断をしたと思いますし、幸福実現党としても、国政を正しい方向に導くべく、全力で総選挙を戦い、勝利を摑んでまいりたいと考えています。

 しかし、現時点で一つ疑念があるのは、本当に明日16日までに与野党で話がまとまるのか、あるいはまとめる気があるのかということです。

 今回の解散の条件として、野田首相から衆院の定数削減の確約が掲げられています。自民党も、これに応ずる方針を明らかにしていますが、本当に民主党と自民党・公明党で合意ができるのか、定数削減をどこまで具体化して合意するのか、どのような形でその合意を担保するのか等、詰めるべき点はいくつもあります。これを明日までにやり遂げるというのは、結構なハードルの高さです。

 民主党内では解散反対が大勢を占めているようですが、これは当然の話で、内閣支持率が最低水準に落ち込んでいる時に自ら解散・総選挙に打って出るというのは常識的、合理的に考えてあり得ません。ですから、「16日解散」の呼びかけには罠が隠されているかもしれない、と考えることもできます。

 というのは、定数削減をめぐり野田首相側がハードルを上げていって、結局合意が成立せず、それを自民党のせいにすることができれば、その後、解散しなくても「うそつき」と咎められることがなくなるのです。「自分は解散できるように努力したが、自民党がまともに応えなかったので、できなかったのだ」と、野田首相は責任転嫁できるようになります。

 14日の時点で、16日の解散を呼びかけるという、異常に慌ただしい日程の設定にはそのような意図が隠されている可能性があります。自民党側も解散を歓迎してはいるものの、野田首相に完全に機先を制された格好となっており、解散表明を受けてのコメントとして「民主党の議員も虚をつかれた様子だった」と語る石破幹事長本人も、言葉に勢いがなく、虚をつかれた様子だったのが印象的でした。

 以上の考察は、野田首相がそれだけの「策士」であれば、そのような可能性があるという話であり、野田首相がお人好しで、本心から解散する気があるなら、マスコミ報道通り、16日解散、12月4日公示、16日投開票という運びになります。

 幸福実現党は、政局がどのような展開になろうとも、国難突破に必要な政策を正々堂々と掲げ、国民の皆様のご理解・ご支持をいただくべく、常在戦場の覚悟で努力してまいります。

立木 秀学
(ついきしゅうがく)
東京大学 法学部 第3類(政治コース)卒業後、幸福の科学入局。財務局長、専務理事などを歴任し、幸福実現党に入党。2010年7月から2012年12月まで幸福実現党党首を務める。
現在、HS政経塾塾長。
HS政経塾公式サイト
ついき秀学の「日本の未来はここにあり」