28日(金)発売の保守系オピニオン情報誌 『JAPANISM(ジャパニズム)04』(青林堂 定価980円) に「政治に経営感覚を」と題するコラムが掲載されます。 野田政権の増税路線の誤りを指摘するとともに、 政治・行政に

10/26 政治に経営感覚を

28日(金)発売の保守系オピニオン情報誌

『JAPANISM(ジャパニズム)04』(青林堂 定価980円)

に「政治に経営感覚を」と題するコラムが掲載されます。

野田政権の増税路線の誤りを指摘するとともに、

政治・行政に経営感覚を取り入れる「公務員改革」を大胆に提言します。

ぜひ、御一読ください!

立木 秀学
(ついきしゅうがく)
東京大学 法学部 第3類(政治コース)卒業後、幸福の科学入局。財務局長、専務理事などを歴任し、幸福実現党に入党。2010年7月から2012年12月まで幸福実現党党首を務める。
現在、HS政経塾塾長。
HS政経塾公式サイト
ついき秀学の「日本の未来はここにあり」