12月2日(日)は、福岡と鹿児島でそれぞれ候補予定者とともに街宣を行い、地元の支援者の方々との交流会に参加しました。 街宣では、原発の停止は電気代値上げを招き、市民の生活はもちろん、製造業などに直接影響を与え、ひいては“

12/2 福岡・鹿児島で街宣を行いました

12月2日(日)は、福岡と鹿児島でそれぞれ候補予定者とともに街宣を行い、地元の支援者の方々との交流会に参加しました。

街宣では、原発の停止は電気代値上げを招き、市民の生活はもちろん、製造業などに直接影響を与え、ひいては“日本経済の沈没”が懸念されると、「脱原発」の危険性を訴えたほか、「国防の重要性」「消費増税中止」など、幸福実現党が掲げる「日本復活」のための政策について訴えました。

【福岡にて】

<12:30  新宮中央駅近くのIKEA前で街宣>

福岡4区で立候補予定のよしとみ和枝さんとともに。

 

<13:30 よしとみ和枝さんの事務所で支援者の方々にご挨拶>

街宣終了後には、よしとみ和枝さんの事務所に訪問しました。

 

その後、博多駅から新幹線で移動し、鹿児島県薩摩川内市へ―。

 【鹿児島にて】

 

<17:00 川内駅前で街宣>

 鹿児島3区で立候補予定のまつざわいさおさんとともに。

 

<18:00 薩摩川内市の支援者の方々との交流会>

街宣終了後には、薩摩川内市の支援者の方々との交流会に参加し、ご挨拶させていただきました。

 

支援者の皆さま、お集まりいただき、まことにありがとうございました。そして候補者や運営スタッフの皆さまのご協力に感謝申し上げます。

いよいよ明日、公示日を迎え、“戦い”の火蓋が切られます。「日本復活」を目指し、今の日本に本当に必要な政策を、有権者の皆さまに誠心誠意訴えてまいります!

(スタッフ代理投稿)

 

 

立木 秀学
(ついきしゅうがく)
東京大学 法学部 第3類(政治コース)卒業後、幸福の科学入局。財務局長、専務理事などを歴任し、幸福実現党に入党。2010年7月から2012年12月まで幸福実現党党首を務める。
現在、HS政経塾塾長。
HS政経塾公式サイト
ついき秀学の「日本の未来はここにあり」