11月21日(水)は、尖閣に上陸した男・トクマの事務所開きに参加しました。  トクマ後援会会長の鈴木真実哉教授(聖学院大学政治経済学部教授)や、実現党員の方々が駆け付け、会場が熱気につつまれました! 「トクマさんこそが

11/21 尖閣に上陸した男・トクマ事務所開き

 11月21日(水)は、尖閣に上陸した男・トクマの事務所開きに参加しました。

 トクマ後援会会長の鈴木真実哉教授(聖学院大学政治経済学部教授)や、実現党員の方々が駆け付け、会場が熱気につつまれました!

「トクマさんこそが、“東京のリーダー”にふさわしい。(一部省略)トクマさんは、中国の漁船が押し寄せる中で、命の危険を冒してまで、尖閣諸島に上陸した。万が一のときには、『自分の存在が日本としては自衛隊を出動させる大きな名目になるだろう』と、捨て石になる覚悟で協力した方」と挨拶しました。

 トクマがめざしている「未来都市TOKYO」の実現に向けてがんばって参りましょう!(スタッフ代理投稿)

 

立木 秀学
(ついきしゅうがく)
東京大学 法学部 第3類(政治コース)卒業後、幸福の科学入局。財務局長、専務理事などを歴任し、幸福実現党に入党。2010年7月から2012年12月まで幸福実現党党首を務める。
現在、HS政経塾塾長。
HS政経塾公式サイト
ついき秀学の「日本の未来はここにあり」