7月5日(木)は京都府・新田辺、大阪府・枚方に入り街頭演説を行いました。  午後1時30分から近鉄「新田辺」駅前での街頭演説には京都6区北川支部長も合流し、「日米安保空洞化の危機が進んでいる現状と自立的防衛体制の必要性

7/5 街頭演説(京都、大阪)

 7月5日(木)は京都府・新田辺、大阪府・枚方に入り街頭演説を行いました。

 午後1時30分から近鉄「新田辺」駅前での街頭演説には京都6区北川支部長も合流し、「日米安保空洞化の危機が進んでいる現状と自立的防衛体制の必要性」について訴えました。

 

 

 また、午後4時からは京阪「樟葉」駅前にて街宣を行い、「チベットやウィグル自治区」の実態を述べつつ、「日本占領」を未然に防止するため「今こそ日米同盟の強化と憲法9条の解釈改憲」の必要性について街頭演説を行いました。街頭演説開催の前には、ポスター掲示・署名活動も行っていただき、いつも本当にありがとうございます!(スタッフ代理投稿)

立木 秀学
(ついきしゅうがく)
東京大学 法学部 第3類(政治コース)卒業後、幸福の科学入局。財務局長、専務理事などを歴任し、幸福実現党に入党。2010年7月から2012年12月まで幸福実現党党首を務める。
現在、HS政経塾塾長。
HS政経塾公式サイト
ついき秀学の「日本の未来はここにあり」